フォレスター純正パナソニックナビの更新不可

最終更新日

Comments: 0

フォレスター純正のパナソニックカーナビ(CN-FX800DFD)ですが、地図等のアップデート方式は購入時に2種類から選択します。年1回郵送でSDカードが送られてくる方法と自らスマートフォン用アプリを使ってダウンロードして更新する方法です。

後者だと年数回更新される細かなアップデートも利用できるので私は後者を選びました。

方法としては

  • アプリをインストールしてパナソニックのサイトにログインする
  • Wifi環境でデータをダウンロードする
  • スマートフォンをテザリングモードにしてフォレスターと接続する
  • フォレスターへデータをアップロードする

なのですが、どうやってもフォレスターへのアップロードで失敗します。途中でエンジン停止はマズいかとアイドリングのまま1時間も放置してもダメでした。結局強制停止です。これ2回やりました。

このままでは解決できないからパナソニックへ電話で問い合わせしましたところ、私のナビのファームウェアだと失敗することが判明! しかもそのファームウェアのアップデートはダウンロードでは不可能なんだそうです。

やり方としてはスバルのディーラーに問い合わせして、スバルから地域のパナソニックでファームウェアのアップデート用SDカードを借りるという流れです。早速ディーラーに聞いてみたところ意外なことが判明。私以外にも納車されたフォレスターはあるはずなんですが、初めてのケースだそうです。つまり皆さん気がついてないってか、アップデートしたことが無いってことですか?

実はこの顛末は5月頃の話でして、まぁ私も興味本位でのアップデートだったので急ぐ必要がないと今日まで放っておいたのです。で、今日セールスから連絡があって時間があるので今から行きますと。

結果数分でファームウェアのアップデート完了です。

その後、もう一度スマートフォンで更新データをダウンロードし、フォレスターにアップロードして地図更新を無事に終えました。スマートフォンでのダウンロードから更新完了までだいたい20分少々くらいです。暮らしている地域の道路が変わらない限り頻度は高くないですが、いざって時に出来ないのはイヤですね。

パナソニックはユーザー登録させてるんだから、こういうバグは通知するのが本来でしょうね。

suzakuya

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする