紅葉の御射鹿池と蓼科、八千穂へ

最終更新日

Comments: 0

先週の志賀高原に続いて2週連続の撮影行を敢行しました。計画段階では戸隠を想定していたのですが、やはり連続で遠い場所は辛いので日和って蓼科周辺です。

いまや立派な駐車場とトイレ完備の御射鹿池で仮眠しながら朝待ち。

今回は天気は曇りだと思っていたんですが、思いのほかいい天気。青空も見えます。そしていつも風景撮影ではニコン D850を持ち出すところですが、今回はFujifilm X-T3をメインで持って行きました。風景ではフルサイズ優位だと思っている訳なのですが、APS-Cでどれくらい対抗できるか? なんて考えたりして。それに最近はフジの色大好きのこともあるのです。

帰ってきてから編集した感じでは100%フルサイズに勝っているとは言い難いですが、個人的には80%は満足できますね。ただし御射鹿池の夜景でシャッターを10分単位で開いていたら、あっという間にバッテリーが減っていきます。このあたりは弱点となります。でも色味はやはり大好きなフジの色。この時期はベルビア最高!

御射鹿池からほど近い「おしどりかくしの滝」
NDを付けなかったのは失敗だったかな?

こちらは蓼科大滝。おしどりかくしの滝もここも水流が早いし深いので長靴程度では、流れには入れませんから、アングルは限定されますね。ウェーダーと度胸があれば別ですが。なのでドローン。

本当はもっと低い位置で撮りたかったのですが、滝の水流近くは気流も早くてホバリングしていても下流に流されます。また滝ってだいたい上空が開けていないのでGPS状態が悪く、高度を上げられません。

蓼科大滝へのアクセス途中には、魅力的な木々と石がありました。いままで行ったことが無かったのが不思議です。

女の神展望台から。

女神湖。ND2枚重ねでなんとか湖面を平らにしようと苦戦しました。

八千穂高原の白樺。

ここも大好きな場所。駒出池付近の雑木林。木々のシルエットが枯れ葉の絨毯に映えます。

マイカー CX-5くん。紅葉の中、カッコいいぞ。

今回は約650km走行。燃費も前回とほぼ同じで16.5km/lでした。

中央道で行って関越自動車道で帰りましたが、渋滞回避のため、藤岡JCTから始めて北関東自動車道で東北道に抜けてみました。あとから地図で調べると、このルートでも25Km程度の超過で済むようです。関越自動車道が混んだときは使えそうです。

suzakuya

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする