タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD

最終更新日

Comments: 0

けっこう長い間デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスを使ってきましたが、高倍率ズームのジャンルは敬遠してきました。高倍率ズームってやっぱり画質で不利だろうと。ズームレンズは3倍程度が効率的じゃないかなと。

でも今回初めてソニーのα7IIIを買い、キットレンズを除くとニコンのマウントアダプターで使えるレンズしかありません。フルサイズ対応の純正レンズはやはり高いですね。D850持っていなければそっちを考えるのもアリですが、手持ちを全部ミラーレスにすることにはまだ抵抗があります。DSLRならではの美点があります。

価格コムをみてると、どうも最近Eマウントレンズでタムロンがけっこう売れてるらしいですね。私もキヤノン、ニコンと続けて28-75mm F2.8大好きで使ってましたから、これは嬉しいです。だからEマウントの28-75mm F2.8良いかもと思ってたら、なんと28-200mm F2.8-5.6が出てきましたよ。高倍率ズームながら広角端がF2.8とは! そしてソニーがボディ内手振れだからレンズ側に搭載せず、重量575gと軽めなのも良い。28-75mmが550gですよ!? さらに色々レビューを見ても「高倍率ズームの新次元」なんて言われてるようです。

うーん、D850で大三元があるし、フジで単焦点揃えてるから、ソニーは高倍率ズームいっとくか! って事になりました。実はα7III、フジではちっとも気にかからないセンサーダストがとても気になるのです。まだ購入後1ヶ月も経たないのにです。高倍率ズームなら、そんなにレンズ交換しないからセンサーダストも少しは抑えられるし。

と言うわけで、ポチッとしました。昨日届いたのでまだ撮れてませんが、数枚のっけておきます。

このサイズの画像だと分からないですが、周辺の解像も広角端、望遠端ともに十分納得できる範囲です。昔のA09IIよりも周辺はいいですね。個人的にはビネットが出ないのがつまらないくらい。ただし絞っても周辺でパープルフリンジは出ます。

とはいえキットレンズのSEL2870こと FE 28-70mm F3.5-5.6が単品で45,000円位する事を考えると、A071が8万切る価格なのはとても優秀です。毛嫌いしていた高倍率ズーム・・・・いいかも。レンズ交換でシャッターチャンスを逃がさないのも便利です。私と同じに高倍率ズーム嫌いって方にもぜひ触ってもらいたいです。

そしてα7IIIのセンサーダストの証拠写真です。

もうちょっとマシなクリーニング機能を付けて欲しいです。

追記:

このレンズ、けっこう頻繁にAF-Sで合焦してると「うそ」をつくことがあります。シャッターを押し直す動作をしないといけないので、チャンスを逃がす確率が高くて困ったなと・・・・そしたら

最新ファームウェアアップデート

これで治ってくれれば良いのですがね。ところで Tap-in Console には対応していないようですね。Fマウントの150-600mmがあるので、このレンズも対応であれば買おうと思ったんですがね。

suzakuya

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする